心身一如。アーユルヴェーダ(生命の科学)ヨガ(精神・霊性の科学)。誰でも自身の内側を満たすことですべてを幸いに導けると思う。ガンジーさんも自分に実験していました。そんなふうなこと。

mippon.blue

パドマ

アーユルヴェーダ

生活の木JAPA認定アーユルヴェーダセラピスト講座修了。

更新日:

昨年の10月からスタートした生活の木のJAPA認定アーユルヴェーダセラピスト講座。3月30日に修了証をいただきました。
約半年間、原宿の表参道に通い、理論とセラピストのトリートメントの工程を学びました。
スリランカのアーユルヴェーダがベースになっています。
トリートメントの工程も細かく、数えてみたらボディだけでも107工程ありました。

JAPA認定アーユルヴェーダセラピスト
半年間、裸のつきあいをした仲間たちとトリートメントの講師の阿部先生です♪出会いは宝物♪ありがとうございます!!

アーユルヴェーダとの出会い

アーユルヴェーダと出会ったのはだいぶ前で、存在を知ったのは20代の頃でした。
シロダーラにあこがれていたのですが、なかなか実現できず。
2011年の4月からWebデザインの学校に行っていましたが、そのときに課題でWebサイトを作るということになり、
SNSで知り合ったアーユルヴェーダサロンの方のサイトを作らせていただき、その方からお礼としてとトリートメントを受けさせていただきました。
そのときは、エステ&癒やし的なものとの認識だけだったので、
初シロダーラもそんなには感動的ではなかったです。癒やされたな〜って感じでした。

アーユルヴェーダを学ぶきっかけ

きっかけは、ヨガを始めて、ヨギーニという雑誌を読み始めたら、アーユルヴェーダのこともよく出てきて、ヨガ哲学とアーユルヴェーダの理論にハマっていったということと、

9月に卵巣嚢腫が見つかり、最初は代替医療として鍼灸に行ったり、うつみん先生のクリニックに行ったり、ホメオパシーのレメディを摂ったり
そう、そのとき更年期障害のホットフラッシュがかなりひどかったり、身体が本当にきつかたのです。
しかし外側に頼るというよりは、自分でなんとかできないかな〜と思い、いろいろ調べていて、生活の木のスクールが、タイミングよく10月から!と
急いで申し込みました。
当時はうっすらな知識しかありませんでした。まぁ本当はセラピストの意味もよくわかっていなくて、あとあと私はアドバイザーでよかったんだな〜って気づくのですが・・・・(笑)

アーユルヴェーダを学びはじめて

まぁとにかく、いろいろなことが腑に落ちた!いままでのいろいろな知識が合算された。
すべてがつながった。肚に落ちた〜ってのがあります。
宇宙の成り立ちからはじまるわけで、もうおもしろくてしょうがない!
そして、私の癖なのか、そこから学校で習っていないことまで、広げて勉強しはじめました。勉強というよりは趣味みたいなものかもですが、
ひとつの言葉から、枝葉が広がり、そこから量子医学などにもつながっていきます。
食生活については、さらっとしか学校では習わなかったので、そこは、図書館でいろいろな本を借りて勉強しました。
ネットにもたくさんの情報があるので、本当にその点はありがたいな〜と思いました。いろいろな人の学びを取り入れることができるわけです。
トリートメントも学校で習ったトリートメントは、自分自身の身体にはできない部位などもあるので、これまたいろいろ本を読みつつ、自分のやりやすいやり方を試行錯誤してやってみたり。
学校で習ったタッチで自分の身体に取り入れられるものを取り入れたり。
まぁ、ぶっちゃけ、アビヤンガ(オイルトリートメント)ってアーユルヴェーダ的には、油を塗るという意味なので、ただ油を身体にすりこむだけでいいんです。
理論としては、オイルを身体にすり込むことで、オイルが皮膚から血管に入り血液を流れ、身体の中の毒(アーマ・未消化物など)を尿や皮膚から排出するという原理です。
だいたい体内にたまった毒というのは、脂溶性であるので、理にかなっていると思います。
なので、リンパマッサージやアロママッサージとは少し原理が違うのです。
と話がそれてしまいましたが・・・
あとは毎日の生活。ルーティンにすることなどを自分で学んで、取り入れ始めました。

毎日の生活ディナチャルヤ

朝のルーティンを決めて、それをすることにしました。
1、ハミガキ後の舌みがき
2、鼻うがい
3、洗顔
4、白湯を飲む
5、オイルうがい(ガンドゥーシャ)
6、セルフアビヤンガ(セルフトリートメント)忙しいときは、主に顔とデコルテとお腹と足裏
7、シャワーは毎日は無理なので、ホットタオルで拭き取り(湯沸かし器の温かいお湯使用)
8、簡単なヨガ(できるときだけ)
これを半年続けたところ、13キロ減りました。
そして気づかないうちに更年期障害の不調がほぼほぼなくなりました。ホットフラッシュもめったになりません。
冬には皮膚がかさかさになってかゆくなっていたのも、ことしはまったくありませんでした。
そういえば・・・・って感じです。
身体の調子もほぼほぼいい感じです。
ただ、背面は自分でできないから、そこはどうするか?っていうのがいまの課題です。
あとは、ほうれい線だな〜、急激に体重が減ったことで、皮膚のたるみが〜。いまそこを改善する対策を始めたところです。(実験段階)

学びはつづく

ひとくぎりつきましたが、日々、学びです。
アーユルヴェーダは、生命の科学。すべてつながっているので、身体だけでなく宇宙の成り立ちから古代からの歴史やブッディズムとヨガへのつながりや多岐に渡るので
おもしろくてやめられません。
そして、心や身体についてももちろんフォローしているので、内側に対する意識も変わって、そこも学びは続きます。おもしろくてやめられません。
学んだことを実践することで、日々の自分の反応も変わりつつあり、身体も変わりつつあり、自分を大切にするっていうことの本当の意味がわかりはじめています。
自分の身体さんにも感謝の日々です。感謝をこめてセルフアビヤンガをする。
自分に実験しつつ、みなさんにシェアしていこうという行動も始めました。
まだ始めたばかりですが、そこでまた自分も学ばせていただけると思いつつ。感謝であります。
サトヴィック(至福と調和)の状態。これを保てれば、本当にいいな〜!と。
みんながどんどんサトヴィックな状態になることで、平和との調和も取れるのではないかな〜とか。本気で思っておりまする〜!
人との出会いや友人と遊んだりすることや仕事をすることすべてが学びであり、本当にありがたいと思ってます。
ぶつかることもあるけど、それを恐れずにいつかは調和できると信じて、相手を尊重することを忘れるなよオレ!!謙虚であれよ。オレ。と言い聞かせつつ。
ありがとうございました。
学校の仲間たちといろいろコラボできるといいな〜。アイデア考えよう!みなさんいろいろな得意技をお持ちなのです。
すでにいろんなアイデア浮かんできたので、今度提案しよ〜!

आयुर्वेद

心身一如。アーユルヴェーダ(生命の科学)ヨガ(つなぐ)。誰でも自身の内側を満たすことですべてを幸いに導けると思う。ガンジーさんも自分に実験していました。そんなふうなこと。

-アーユルヴェーダ

Copyright© mippon.blue , 2017 AllRights Reserved.