心身一如。BowspringYOGA ,Ayurveda,量子論,フラクタル理論,個が健やかであれば全も健やかに。まぁ自分に実験しながらシェアしていきます♪下腹重心+RadiantHearatで♪

mippon.blue

radiantheart

Bowspring Buddhism Life ヨガ 志事 気づいたこと

Compassion 思いやりとHospitality おもてなしとBowspring

投稿日:

3月に入り、また新しい展開。流れに身を任せつつ生きる、糸の切れた風船おばさんmipponです。
2016年秋より、がらっと変化してきた自分(というようないれもの)ですが、2017年後半から加速度的に変化しています。
そして、この期間に学べた、Hospitality、Compssionについて本日は書いてみようかと・・・よろしくお願いします。

スポンサーリンク

おせっかい(HOTヨガスタジオにて)

2016年の年末から、とある保育園の給食を作るシゴトに関わりました。
秋から、アーユルヴェーダのスクールに行き始め、せっかくなので、アーユルヴェーダに関わるアルバイトはないかな〜?と
探していたところ、たまたま見つけたのがそのお仕事でした。
 

ヨガスタジオが経営する保育園で、アーユルヴェーダに基づいた献立の給食を作る。その調理をする人を
募集していたのです。
 
学びながらお仕事できるな〜と。時給はいままでになく低いけど、やってみよう!と応募して、雇っていただきました。
ただ週1〜2日のみで短時間。その頃はネットショップでなんとか食べていたので、なんとかなるなとは思っていましたが、
勉強の時間でネットショップもおろそかになっていたり、売上も下がっていたので、他にもお仕事しないと!と
その保育園系列のヨガスタジオのフロントでも人手不足とのことで、働くことになりました。

そして、まぁいろいろあり、ヨガスタジオ勤務がメインになりました。
頼まれてもいないのに着手したのは、そのスタジオを過ごしやすくするというおせっかいです。

片付け・整理整頓・掃除

フロントの人員の人手不足や、インストラクターとフロント受付の兼務の方ばかりだったので、いろいろなアラ(笑)が目立ちました。
ぶっちゃけ、とても大雑把な人間であるあたくしでさえ、これは!!と思ったので、お客様はどう思っていたのかな〜?と。
 
 
そして働くスタッフ、インストラクターさんが使うスタッフルームの荒れ模様は、この狭い空間で着替えたり休んだりするときに
居心地悪いよね。使い勝手悪いよねと勝手に判断しました。
 
 
備品を買うのも申請して、すぐには許可していただけなかったり、経費もそんなに出していただけない現状だということだったので、
私財をはたいて(笑)まぁ主に100均で、必要なものを買い込んで、スタッフルームの整理整頓から。
コツコツと。
残業も禁止なので、限られた時間で、少しずつ、スタジオ内、ロッカールーム、フロント・ロビー、外の物置など
半年以上かかったかも〜(笑)
一番、たいへんだったのが、加湿器ですね。(これはいつか書きます)

ホスピタリティ

ホスピタリティについてなんて、それまでしてきた仕事では、あまり意識したことはありませんでした。
ヨガスタジオで働いていて、お客様と接しているときに、マニュアルや型通りのホスピタリティは、あんまり意味ないんじゃない?って感じました。
 
 
日本は、本当に行き届いてるように見えるホスピタリティ。
海外に行くと、特に実感します。ほんとうにきちんとしているなと。
 
 
ただ昨今は、マインドが伴っていないな〜と思いまいした。お客さまに見えないところでは・・・・・って。
すべてにおいて、心をこめて、ここにいる間、快適に過ごしていただくこと。そこが一番大切だよね。って。
 
 
そして、アーユルヴェーダのリトリートで伺った別府のBenefitForYouという施設のスタッフの方々の本当に
ゲスト目線に立ったいい距離感のおもてなしに感銘を受け、これだ!!って感じました。

Bowspringとマイコ師匠

そのヨガスタジオに勤務したことで、Bowspring Yogaに出会いました。
そして、現在の師匠 ナガタマイコさんと出会いました。いまは、チームで一緒に志事している仲間です。
マイコ師匠から日々、学べることのひとつとして、思いやりがあります。真の思いやりってこういうことだな〜と。

Compassion 思いやり

Bowspringのボディワークを通して、自然と繊細になっていき、さらに周囲へのアンテナセンサーが磨かれ、思いやりが発動するというのが私の見方です(笑)
もちろん、それまで備わっていたものが大きいけど、日々、観察(笑)していると、マイコ師匠の思いやりの度合いがどんどん大きくなっていくのを感じます。超人的な思いやりです。
真の思いやりは、おせっかいにあらずなんです。
ものすごく繊細で難しいんだ!
こちらのブログから引用させていただきます。

思いやり、これは英語にするとCompassion(コンパッション)なのだが、実は相当に訳者泣かせの言葉だ。

さまざまな英語の文献に出てくるコンパッション、ときには慈悲、あるいは慈しみ、憐れみの心、同情心などと訳されることもあるが、どんぴしゃな日本語にならない。

 それで仕方なく説明モードになってしまうのをお許しいただくと、

「苦しみの本質を理解し、相手がそこから解放されるように手助けすること」とも言える。

さらに補足すると、「相手の想いを理解すると同時に、それに溺れることなく解決や成長に向かう手助けをすること」

 実のところ、「リーダーシップ」や「コミュニケーション」といった言葉と同様に、座学ではなく実践であることが、大事なポイントだろう。とっても複雑で洗練された理解を要するため、誤解や誤用の落とし穴も多い。

 それはいいけど、何が脳に良いの?とシビレを切らす方がいるといけないので、最新の脳科学が解明しつつある、思いやりと脳の関係を整理しておこう。

 概ねわかっているのは、次のような効用だ。思いやりをもつことによって、あなたの脳は、

●レジリエンス(立ち直る力)

●免疫力

●脳の異なる機能を統合し、高機能にする

 といった能力が強化される。これは具体的には、慈悲の瞑想(メッタメディテーション)と呼ばれる瞑想の実践との相関関係によって、近年の研究で確認されている。

「情けは人の為ならず」(=自分のためになる)というのは、脳のレベルでも言えるということだ。

まさにこれ!

 

Bowspringの効用でもあり、マイコ師匠のいま♪💜
ほんとうにすばらしい師匠に出会った〜!一回り以上年下だけど〜!(笑)

 
 

 
 

この人です↑
セクシーポーズに見えつつもチャネルが通っています♪

まとまらないけどまとめとしてあたくしの志事

で、けっきょく、長くなってしまい、もうへとへとになってきたので、無理やりまとめると
 
あれですな。
 
 
すべてつながっていてですね。
そして、3月からの仕事につながっているのです!(笑)
 
 

家事代行サービスと整理収納アドバイザーと最終的にはライフオーガナイザーという資格を取りまして、
居心地の良い空間づくりや、
生活。お片付けできない人へのメンタルから生活のサポートのようなことをします。
こどもたちにおかたづけを教えたり。
こんな道具がいいよ〜って見つけてきたり。
会社やお店の環境整備まで。多岐に渡ります。
そして、もうひとつはBowspringをまずは日本に広めること。自分ももちろん修行しながら。
私は先生にはならないので、サポートとまた、アーユルヴェーダなど古代の治療法も絡めてセラピストとして、
Web担当として、マイコ師匠主宰の
Radiant Heart-Bow Yoga-Healthy Life style studio
のチームメンバーとして携わっていきます。
 
 
ぬくもりと
おもいやりと
元気玉と
おもいやり
 
 

これを新しいカタチのBusinessに。
そう広げていくにも生活していくにもきちんとBusinessにしないとね。持続していかないとね。
あたらしいかたちの経済(経世済民)として生きていきましょう。宇宙経済に♪★
 
 
ということで、そろそろいとのきれたふうせんおばさんも
地上にルーツを張ろうというこんたんです。よろしくお願いいたします!!いえーい!いえいっていえーい!★

この記事を書いた人


下腹重心+Radiant Heart
日々自分に実験中です。
古代インディアンさんは、七世代先のことを常に想いつつ暮らしていたそうです。すべてはこれから生まれてくる方々からの預かり物。きれいにお返ししたいです。ありがとうございます!

-Bowspring, Buddhism, Life, ヨガ, 志事, 気づいたこと

Copyright© mippon.blue , 2018 AllRights Reserved.