心身一如。アーユルヴェーダ(生命の科学)ヨガ(精神・霊性の科学)。誰でも自身の内側を満たすことですべてを幸いに導けると思う。ガンジーさんも自分に実験していました。そんなふうなこと。

mippon.blue

ひまわりとみつばち

Buddhism アーユルヴェーダ ヨガ ワークショップ

自我って?トリグナ。→サトヴィックってなんだ?

投稿日:

こんにちは。
サトヴィックワークショップまで あと3日。
まだまだお席がたんまりございますよ〜♪ご予約お待ちしております!♥
本日は、サトヴィックてなにの続きを〜学んだことを自分に当てはめてみるとおもしろいです。

スポンサーリンク

サトヴィックってなんだ?

まずは宇宙から

アーユルヴェーダ的には、宇宙の仕組みは全て精神原理(プルシャ)と物質原理(プラクリティ)から成り立っていて、
プルシャの体から太陽や月、植物や人間など全てが生まれたと考えられています。
アーユルヴェーダでは、宇宙と人間は同じでありフラクタル(相似形)。
宇宙も人類もパンチャマブータ(五大元素→空風火水地)からできていると言われています。
慣れぬサンスクリット語出てくるとうーんってなりますが、
精神原理と物質原理で宇宙も人間もできてるよ〜てことで(笑)
空風火水地の五大元素で動いてるよつーことで。(エネルギーですね)

トリグナ(自我の三要素)

はい。このトリグナが
サットヴァ=サトヴィック
ラジャス=ラジャシック
タマス=タマシック
というわけです。
精神原理と物質原理 五大元素 から
わたしたちの自我というものが生まれたと考えて
その五大元素の影響で
サトヴィック=純性
ラジャシック=激性
タマシック=鈍性
という3つの要素が私たちの自我に含まれているようですよ。

サトヴィック(サットヴァ)な状態

調和の精神だったり、至福の状態。
安定していてものごとを公平にみることができる。
正確な判断をくだすことができる。
誠実な行い。否定的な気持ちにならない。ありのまま。いまここという状態。

ラジャシック(ラジャス)な状態

情熱的。頑張りやさん。
感情に左右されてどこまでもがんばってしまう。エゴが強い。
バランスが崩れることで怒り。心が粗くなる。
常に誰かと比べていたり、妬みや恨みと言うような感情を抱く。

タマシック(タマス)な状態

不活発。怠惰。ためこむ。
バイタリティに欠けて常に眠気を感じる。
むかしのできごとをひきずる。
貪欲で短気。執着心が強い。

サトヴィックが多い状態に♪

だれでもこの3要素を持っています。
このバランスをサトヴィックが優位な状態に持っていくと、
至福に満ちた生活を送れるのだと思います。

今回のワークショップでは

トリドーシャ(ヴァータ、カパ、ピッタ)が身体の3要素。

トリグナ(サットヴァ、ラジャス、タマス)が心の3要素。

このバランスを整えるためにもセルフマッサージは有効です。
身体の中からアーマ(未消化物→毒素)を排出する方法のひとつとして、
アーユルヴェーダの油剤法というものがありますが、それを簡単におうちで取り入れられるようにと自分に実践いたしました。
みなさんとシェアしたいな〜というのがワークショップを開くきっかけです。

日々内観。

自分の身体のことを知るのに、
この3つずつの状態を把握すると、とてもおもしろいです。
「あ〜今日はタマシックだったな〜」
「なんかイライラする!ラジャシックだ(笑)」
などなど、
じゃぁどーしよ〜か〜というところでも役立ちます。
時間がなくなってしまった〜すみません!
本日はここまで。
またつづきを書きます。

参考図書

まとめると

ドーシャバランスという身体の状態と
トリグナのバランスという心の状態。
複雑な自分の身体をシンプルに知ることができる方法だったりします。
セルフトリートメントをすることで、自分の身体に感謝しつつ、毒素を排出してすっきりし、いいバランスに整える。
ただそれだけなのです。
ほんとうに簡単なのだ。超がつくめんどくさがり屋のわたくしでもいまのところ続いておりま〜す!いえーい!
ありがとうございました❣

心身一如。アーユルヴェーダ(生命の科学)ヨガ(つなぐ)。誰でも自身の内側を満たすことですべてを幸いに導けると思う。ガンジーさんも自分に実験していました。そんなふうなこと。

-Buddhism, アーユルヴェーダ, ヨガ, ワークショップ

Copyright© mippon.blue , 2017 AllRights Reserved.